節電

6月になり、昼間の気温が高くなる日が多くなってきました。

九州電力は、昨年の節電効果を見込んだとしても電力の供給が不足し、
電力需要は極めて厳しい状況となる事が予想され、
使用最大電力の節電を呼び掛けています。

2011年の震災以降、企業ではクールビズやサマータイムの導入などの節電が実施されており、
家庭でも、電気をこまめに消す事や、エアコンの温度設定や冷蔵庫の使用法など、
様々な節電対策を行っていると思います。

とは言え、室内で省エネだからと、エアコンや扇風機を使わずに我慢していると、
熱中症を起こすかもしれません。

エネルギー使用の無駄を見直して、無理なく賢い節電を心掛けたいですね。

健康を損なうような無理な節電はせず、より快適に過ごせる工夫をしながら、
これからの夏を乗り切りましょう。


プロフィール

oykot

Author:oykot
国際美容外科院長ブログへようこそ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク